外為どっとコムで口座開設

Nのネット的思考

世間にはびこる様々な出来事をウォッチします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リーガル・ハイは面白いのか!?


フジテレビの火曜日9時の新しいドラマ「リーガル・ハイ」が面白い
です。


テンポの良い法廷ドラマという感じで、堺 雅人演じる主人公の
弁護士が決して正義や名誉の為じゃなく、ドラマのキャッチコピー
「愛も、法も、嘘がすき。」にもあるように、裁判に勝つ為なら
法律に抵触しそうなことでも平気でやってのけるスタンスがいいです。


一方で、新垣 結衣が演じる新人弁護士の黛 真知子は、
経験が浅いにも関わらず、困っている人を見逃せない性格で、
被疑者の為に何とかしようとするひたむきな行動が、


堺 雅人演じる古美門(こみかど) 研介を巻き込んで行く形でドラマが
進行していくというパターンでしょうか。


法廷シーンでは、理屈を並び立てて、相手にグウの音も出ないほどに
論破するのは、もちろん観ていても気持ちいいんですが、
リーガル・ハイの場合、もちろん論破はあるんですが、そこは
フジのエンタメドラマだけあって、ちょっとしたギャグ的な
ユーモアが取り込まれていて、笑いの部分も忘れていません。


まさか、里見浩太朗が執事のような古美門の事務員役で出てくる
とは驚きです。事務員にしては、貫禄ありすぎです。


敵役の大物弁護士の生瀬勝久もいい味出してます。
槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)の時から好きな役者さんです。


「リーガル・ハイ」は多分最終話まで、見てしまいそうな
気がします。

[ 2012/04/25 19:56 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

N

Author:N
1960年代生まれの関西人が巷の話題を独自目線でアップします。

カテゴリ


キーワード・ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。