FC2ブログ
外為どっとコムで口座開設

Nのネット的思考

世間にはびこる様々な出来事をウォッチします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やりすぎ都市伝説のフリーメイソンの影

やりすぎ都市伝説を見ました。
やりすぎコージーから続いているフリーメイソン
に関する都市伝説ですが、今回のイスラエルと日本の
関係にはビックリでした。


信じる信じないは別として、キリスト教、ユダヤ人の
聖地エルサレムに日本の天皇家の紋章とよく似たシンボル
があり、日本の伊勢神宮にもユダヤのマークあるなんて・・


エルサレムのキリストが処刑されたとされる場所の向かい側
の壁にフリーメイソンのマークがあるのにも意味深げです。


今回の都市伝説によると遙か昔に戦いでバラバラになった
ユダヤの10部族が日本にたどり着いて、平安京をつくったと
いうことで、日本とユダヤとは、昔から継りがあるでは


ということですが、日本語の単語とユダヤの言葉にも似たような
ニュアンスで意味が同じと言うものが多々あることや、
地名もイスラエルと日本には同じような名前のあるところが
そんなにあるのかと、歴史ロマンのようなものを感じました。


まだまだ、フリーメイソン関係の都市伝説はありそうですが、
秘密結社フリーメイソンって、何の目的で結成されているか
考えると、少し怖くなります。ホントはそんなに意味はないのかも・・

[ 2012/04/07 00:15 ] バラエティー | TB(0) | CM(2)
真実を知るなら。
もしフリーメイソンの正体、そしてイエスキリストとの関係、そしてこの内容がどのように現在私たちが生きてる
世界に関係しているのか知りたいならこちらの映像を
ご覧になって下さい。


"見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。だれでもわたしの声を聞いて戸をあけるなら、わたしはその中にはいって彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。”
(聖書:ヨハネの黙示録3:20)


http://www.youtube.com/playlist?list=PL36880ACB1569D419&feature=plcp


ちなみに天国と地獄は必ず存在します。
これは神様からあなたへの天国行きの招待状です。
神様はあなたがどのような人でどうしてこの世に
生まれあなたの辛い事や悩み全て知っておられます。
もしこの動画やメッセージをご覧になってもそのまま
イエスキリストからの招待を拒み受け入れないのなら、
天国には行く事が出来ません。何故ならイエスキリストだけが道であり真理であり命だからです。(ヨハネ 14:6)
どうかあなたが神様の子供である事を祈ります。


”25 イエスは彼らに答えられた、「わたしは話したのだが、あなたがたは信じようとしない。わたしの父の名によってしているすべてのわざが、わたしのことをあかししている。26 あなたがたが信じないのは、わたしの羊でないからである。27 わたしの羊はわたしの声に聞き従う。わたしは彼らを知っており、彼らはわたしについて来る。28 わたしは、彼らに永遠の命を与える。だから、彼らはいつまでも滅びることがなく、また、彼らをわたしの手から奪い去る者はない。29 わたしの父がわたしに下さったものは、すべてにまさるものである。そしてだれも父のみ手から、それを奪い取ることはできない。30 わたしと父とは一つである」。”

(ヨハネ:10:25-30)

[ 2012/04/19 04:19 ] [ 編集 ]
聖書 (神のみことば)
もしイエスキリストをもっと知りたい場合は
聖書を(神のみことば)をお読み下さい。

オンライン聖書
http://www.youversion.com/bible/gen.1.niv

iphone アプリ聖書
http://itunes.apple.com/jp/app/sheng-shu/id282935706?mt=8

オーディオ聖書
http://itunes.apple.com/jp/podcast/1-year-daily-audio-bible-japanese/id348527700

[ 2012/04/19 04:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

プロフィール

N

Author:N
1960年代生まれの関西人が巷の話題を独自目線でアップします。

カテゴリ


キーワード・ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。