外為どっとコムで口座開設

Nのネット的思考

世間にはびこる様々な出来事をウォッチします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「がんこフードサービス」、給料の支払いも「がんこ」だったとは・・・


大阪では結構有名な和食チェーンの「がんこ」ですが、
なんでも、従業員への残業手当や深夜手当が未払いになっていた
そうで、社長や幹部が書類送検されてます。


昔、マクドナルドで“名ばかり店長”の労働問題でマクドナルドが
敗訴していた事を「がんこ」の経営者らは知らなかったのでしょうか?
自分たちには関係ないとでも思っていたのでしょうね。


「がんこフードサービス」は、大阪を中心に近畿一円に92店舗を
展開していますが、正社員やパート・アルバイトも含めると約3500人
の従業員がいるそうで、未払いが分かっている正社員だけでも約600人
はいるそうです。


過去2年間の未払い金を見ても、約5億円は従業員に払ってない
ことになっていて、今現在、支払いを進めているということ
ですが、結局、問題になったから払わなければならなくなった
だけで、発覚しなかったら、きっと未払いのままなんでしょうね。


まあ、でも「がんこ」の場合は発覚したけど、サービス残業や
休みなのにサービス出勤はあたり前の会社や職場は日本には
まだまだイッパイあるのは確かです。


ダラダラとみんなが帰らないから、一人先には帰りづらい、
結果も上がってないのに休む奴がいるか?と上司に言われて
泣く泣く休日出勤なんか、モチベーションや効率的に見て
非常に悪いと思います。


経営者側からすると、会社が存続するからお前ら働けて
給料もらえるんだろうと言いたいのか?


でも、就業規則も守れなかったり、社員を粗末に扱う企業が
とてもお客様との約束を守ったり、つくしてくれたり
するとは思わないです。


従業員は、人生そのものである「時間」を会社に捧げて働いて
いるんだから、その対価は得て当然のはずです。
スポンサーサイト
[ 2012/05/29 20:47 ] 社会・時事 | TB(1) | CM(0)

ホンダのカブが今アツい!


ホンダの名車といえば色々ありますが、実用車ナンバーワン
と言えば、1リッターで100km走ると言われるスーパーカブ
でしょう。


実用ばかりでなく、街乗りなんかでも若者に人気で、
カブラなんてパーツも出ましたが、そんなスーパーカブ50が、
実に46年ぶりに全面改良されます。


中国で部品調達することにより、価格も現行より4万8300円安い
18万7950円となるそうです。


新しくなる点は、「2段クラッチシステム」と呼ばれるクラッチ
を採用されていることで、発進と変速で独立したクラッチ機構に
なったことや、ホイールベースを3.5センチ延長したことで、
実用車らしく後部に荷物を載せた場合でも安定した走行ができる
ようになった点です。


カブと言えば、この前テレビのニュースでホンダが発表した
1人乗り用の新しい乗り物「ユニカブ」も気になります。


あの「アシモ」の技術を応用した技術が使われているようで、
セグウェイのように体を前や横に傾けて、体重を移動すること
で行きたい方向に進むというユニークな乗り物です。


動力は電動とのことで、リチウムイオン電池を搭載し、
時速は6km/hで走行ができるので、走るのよりは
遅いけど、歩くよりは楽そうです。

[ 2012/05/17 23:38 ] 自動車・バイク | TB(1) | CM(0)

ステルス戦闘機F22、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイは欠陥品?


隠密性が極めて高いステルス戦闘機F22のパイロット達の
間で、飛行中に意識が低下するなどの低酸素症と思われる
症状にかかることが相次いで報告されているそうです。


しかも、米軍最新鋭の戦闘機にもかかわらず、原因は不明です。


F22は沖縄の嘉手納基地にも配備されているとのことですが、
もし、飛行中にパイロットが意識を失い、墜落するような
事があったら、もう大変です。


原因が解らない以上、F22に関しては、高度を抑えて飛行する
などの飛行制限が発令されたそうですが、昨日のニュースで、
垂直離着陸出来る輸送機、MV22オスプレイという機体が
これまた沖縄に配備されるとのこと。


このオスプレイは垂直離着陸するメカジズムから、機体の安全性が
懸念されています。アフリカのモロッコで4人が死傷する
墜落事故を起こしているいわく付の機体です。


最初は本州で組み立てて、飛行試験をしてから沖縄に配備される
予定が、地域住民の反対から直接沖縄入りするそうですが、
沖縄県民の声は無視でいいのか?ってことですね。


沖縄に旅行に行った時、戦闘機が飛行する音が聞こえていても
その機体はどこを飛んでるのか確認することができないので、
少し不安になったことがあります。


昔はよく、タミヤやハセガワのプラモで戦闘機は作ったもの
で、航空機は好きなんですが、街なかにある基地に問題のある
機体が配備されるのは、ちょっと心配です。

[ 2012/05/16 19:06 ] 社会・時事 | TB(0) | CM(0)

「ザクとうふ」ジオン公国に栄光あれ!の売れっぷり!?

「ザクとうふ」が予想以上に売れに売れているそうです。


我が家にも2回「ザクとうふ」が食卓に並びましたが、
枝豆風味の味もさることながら、やはりガンダム人気が
根強いということでしょう。


豆腐業界では5千丁売れればヒット商品ということになるそう
ですが、「ザクとうふ」は販売開始して一週間で50万丁を販売
したといいます。「圧倒的ではないか、我軍は」状態です!


「ザクとうふ」には、食べた後の楽しみ方もあるようで、
クックパッドにもザクの頭部をした容器を使って、ザクおにぎり
や、赤いゼリーを使ってシャア専用ザクゼリーなど、紹介されて
ます。


コレもまた予想外の使い方をされているのに、販売者側も驚いて
いるようです。


「ザクとうふ」の売れいき自体は、そろそろ落ち着きを見せて
いるようですが、まだまだ好調に売れているとのこと。


先日オープンした「ダイバーシティ東京」の「ガンダムフロント東京」
の効果もあり、ガンダム人気と共に「ザクとうふ」はまだまだ
売れていくのでしょう。


串に三個刺さった“ドムだんご”なんか出したら売れないでしょうか?






[ 2012/05/11 23:48 ] マンガ・アニメ | TB(1) | CM(0)

会話する家庭用掃除ロボット「ココロボ」が生活を変える!?


家電メーカーのシャープが発表した人工知能を搭載した
喋る掃除ロボット「ココロボ」が話題をよんでます。


家庭用掃除ロボットはルンバを始め、各メーカーも注目
される市場のようですが、会話する機能がついてるものは
シャープのココロボが初めてです。


6月上旬より発売予定の「ココロボ」は、日本語の他に英語や
中国語に対応しているそうで、日本語は標準語以外にも
大阪弁で愛嬌よく喋ってくれます。


掃除して欲しい時には、「部屋をキレイにして」と言うと
「わかった」と、返事してくれ、段差などあるところでは
「おっとっと」と発して、人間らしい喋りもしてくれる
そうです。


時には、励ましてくれる言葉も「ココロボ」がかけてくれる
とかで、一人暮らしや、お年寄りの居る家庭にも需要が
ありそうです。


スマートフォンから出先で「ココロボ」に搭載されているカメラ
を通じて室内の連続写真も見ることが出来るので、空き巣などの
防犯対策にも役立ちそうです。


ここまでやってくれると、単なる家庭用掃除ロボットと言うよりは、
親しみのあるペットのような存在になるかもしれません。


もっとこのジャンルが進化していくと、昔のマンガの“ロボコン”の
ようなロボットが各家庭にやって来る日も来るのかもしれませんね。






[ 2012/05/09 13:51 ] デジモノ | TB(1) | CM(0)

ゴールデンウィークでも休めない、帰れない人


ゴールデンウィークって、日本独自の休日なんですが、
そんな、ゴールデンウィークに仕事してるって、どうなのか
かなぁ~と、ふと考える今日この頃でした。


そもそも、外国というか欧米諸国にはゴールデンウィーク
のような祝日が重なって、大型連休になるということはない
ようで、連休をとるなら、会社に休むと申し出れば休める
というシステムが確立されているんですね。


日本の会社は今だに自分勝手に休むなんて許されない
風潮があります。だから、公がわざわざ休日を設定して
いるわけですが、それでもサービス業やお客商売のところは
休めません。


ズラして休むところはあると思いますが、私の勤務する
会社はそれすらありません。おまけに上司が自分の立場や
成績ほしさに、ザービス残業や休日出勤を暗黙の了解の
ごとく強要してきます。


社長の代わりでお前らを管理していると言いますが、
本当にそうだとしたら、かなり問題のある会社です。
今度録音でもして、労基に駆け込んでやろうかと考えさせ
られるくらいにヤバイです。


しかし、筑波の竜巻は凄い猛威を振るったようですが、
アメリカのハリケーン並みではないでしょうか。


日本でハリケーンって、イメージわかなかったですが、
ニュースで映像見るとハリケーンそのものです。


上空の温度と地表近くの空気の温度差で発生するメカニズム
のようですが、今年のゴールデンウィークは、バスの事故やら
白馬での遭難死亡事故やら、かなりの被害を出した筑波の
竜巻やら、あまり明るい話題ではありませんが、色々あり過ぎの
ウィークでした。

[ 2012/05/07 23:56 ] 社会・時事 | TB(1) | CM(0)

カーナビ無しで目的地まで行く自信はあるか!?


毎週火曜日22:00からTBSでやっているバラエティー番組
と言えば、“芸人の芸人による芸人のための番組”がテーマの
「リンカーン」です。


ダウンタウン始め、さまぁ〜ず、雨上がり決死隊、キャイ〜ン
のレギュラーで構成されたこの番組で、


昨日、カーナビを使わずに目的地を目指す企画をやってました。
3チームに分かれて、赤坂から新小岩のファミレス・ガストまで、
カーナビと地図なしで、どのチームが一番早くたどり着けるかを
争うというものです。


ダウンタウン浜田は今回は、体調不良の為欠席してました。


昔はカーナビなんて無かったので、道は頭で覚えるのが普通
でしたが、カーナビに慣れてしまうと、ついつい機械に頼って
しまうので、けっこう道を覚えなくなっているかと思いますので、


今回のこの企画は、意外に現代人の盲点を突いた面白い
企画だと思います。


カーナビや地図がないので、途中3回まで人に聞くことが
許されているルールでしたが、これもまた、聞く人間を選ばな
ければ、こっちの欲しい情報を手に入れることが出来ないし、
感がモノを言います。


最近はカーナビが無くても、携帯やスマホで、目的地も検索して
案内までしてくれるので、人に“道を聞く”ってことも恥ずかしいし、
なかなかやらなくなってますが、昔バイク・ツーリングで知らない
土地で道に迷った時には、よく地元の人に道を尋ねたものです。


昔はそんな行為が、人の温かみを感じさせてくれました。


「リンカーン」見て、そんな昔の思い出を蘇らせてしまうとは・・・


企画制作者の意図とは全く別のところにいってしまいました。


[ 2012/05/02 20:17 ] バラエティー | TB(1) | CM(0)
プロフィール

N

Author:N
1960年代生まれの関西人が巷の話題を独自目線でアップします。

カテゴリ


キーワード・ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。