FC2ブログ
外為どっとコムで口座開設

Nのネット的思考

世間にはびこる様々な出来事をウォッチします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リーガル・ハイは面白いのか!?


フジテレビの火曜日9時の新しいドラマ「リーガル・ハイ」が面白い
です。


テンポの良い法廷ドラマという感じで、堺 雅人演じる主人公の
弁護士が決して正義や名誉の為じゃなく、ドラマのキャッチコピー
「愛も、法も、嘘がすき。」にもあるように、裁判に勝つ為なら
法律に抵触しそうなことでも平気でやってのけるスタンスがいいです。


一方で、新垣 結衣が演じる新人弁護士の黛 真知子は、
経験が浅いにも関わらず、困っている人を見逃せない性格で、
被疑者の為に何とかしようとするひたむきな行動が、


堺 雅人演じる古美門(こみかど) 研介を巻き込んで行く形でドラマが
進行していくというパターンでしょうか。


法廷シーンでは、理屈を並び立てて、相手にグウの音も出ないほどに
論破するのは、もちろん観ていても気持ちいいんですが、
リーガル・ハイの場合、もちろん論破はあるんですが、そこは
フジのエンタメドラマだけあって、ちょっとしたギャグ的な
ユーモアが取り込まれていて、笑いの部分も忘れていません。


まさか、里見浩太朗が執事のような古美門の事務員役で出てくる
とは驚きです。事務員にしては、貫禄ありすぎです。


敵役の大物弁護士の生瀬勝久もいい味出してます。
槍魔栗 三助(やりまくり さんすけ)の時から好きな役者さんです。


「リーガル・ハイ」は多分最終話まで、見てしまいそうな
気がします。

スポンサーサイト
[ 2012/04/25 19:56 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

ジョン・カーターは史上最悪の作品なのか?


ディズニーと言えば、出す映画はヒット間違いなしの
イメージがありますが、ウォルト・ディズニー誕生110周年
を記念して作られた「ジョン・カーター」はそうはいかないらしい。


日本でも4月13日より全国ロードショーされる同作品をディズニーは
約166億円の赤字になるとの見通しを示したという。


宣伝用の映像を見ると、「ジョン・カーター」は結構よくできている
が、赤字になるのは制作費や宣伝費がべらぼうにかかっているから
なんでしょうね。


約166億円の赤字になると、これはギネス物の赤字作品に
なるということですが、逆にそのことが話題になっていて
宣伝になっているような気がします。


赤字というのは意図的な情報なのかも?


「ジョン・カーター」の原作は「火星のプリンセス」という
「ターザン」でも知られる小説家が書いたSFヒロイックファンタジー
なのだそうだが、なんか「フラッシュ・ゴードン」がダブって


見えるのは私だけでしょうか?



[ 2012/03/22 23:29 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

鈴木福クン、今度はベテラン刑事役!?


「マルモのおきて」「妖怪人間ベム」で子役として
活躍している鈴木福クンが、今度は「コドモ警察」という
ドラマで主演を務めているそうです。


ドラマ主演は今回が初めてだそうです。


鈴木福クンが演じるのは、ある事件で特殊なガスを吸わされて、
子どもの姿になってしまったベテラン刑事という役柄。


他にもガスを吸って子どもになってしまった刑事もいるので、
鈴木福クンはじめとする子役達の縁起が見所です。


どんな、名優でも動物と子役には勝てません。そこを
睨んだ、このドラマの企画は最初っから狙ってますね。


「コドモ警察」はTBSで深夜ドラマとして放送されてます。



[ 2012/03/19 22:17 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)

ヴァンガードを使いこなせる上司になろう


おじさん世代にはよくわからないが、「ヴァンガード」という
カードゲームがDAIGOを主演に実写ドラマとなるそうです。


今まではアニメやマンガでその世界を展開していたようですが、
この手のカードゲームではよくあった商品戦略です。


でも、実写ドラマというのはトレーディングカードゲーム界の
中では「ヴァンガード」が最初ではないでしょうか?


実際、昭和40年代のおじさん世代は、カードゲームと言うと、
カルタかトランプ、ベッタンくらいしか思い浮かばないです。
ましてや、トレーディングカードゲームなるものが、


どうやって遊ぶのか、想像もできません。


でも、携帯のゲームでもカードゲーム的なゲームが流行っている
ようだし、結構いい大人がハマっているのは感じています。


それ考えると、この市場というのはかなりデカイようです。


欲しいカードには惜しみなくリアルの現金を出してまで、
手に入れるくらいのマニアがいるくらいですからね。


若い世代と話するなら、「ヴァンガード」の実写ドラマは
見といた方がいいかもしれません。


[ 2012/03/08 00:28 ] ドラマ・映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

N

Author:N
1960年代生まれの関西人が巷の話題を独自目線でアップします。

カテゴリ


キーワード・ランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。